敏感肌と化粧水

公開日: 

敏感肌でお悩みの原因は、水分が足りないために起こることが多いのですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、かえって悪化させてしまいます。

肌質どおり低刺激の化粧水を使うことで、保湿することが大切です。
二度洗顔することは肌に負担がかかりますので、刺激がマイルドな肌に合うクレンジング剤で、メイクオフするようにした方がいいです。ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃にはホルモンバランスが乱れてしまうことからニキビが出来やすい肌になります。また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビの原因となってしまいます。

ですがだからといって、抗生剤などを使用をすることはできません。

ホルモンバランスを正しく整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、体を静養させましょう。近頃では、美容に関する家電が普及していておうちで簡単にエステ並みのスキンケアができるのがとても喜ばしいことです。

私はエイジングケア家電に興味があります。

年をとらないうちにコツコツとエイジングに関するケアをしていると、2,3年後のお肌が違ってくるかもしれないと思うので、はりきっています。ファンケル無添加スキンケアの場合、なにも無添加だけにこだわりを持っているのではありません。

肌が元来持っていた力を甦らせ、美しさや綺麗さを再び手に入れるよう、肌細胞の活性化を促進し、肌細胞のダメージを治すことも大切にして作られています。続けて使用することにより健康で輝く肌になれることでしょう。

ヒアルロン酸は体内にもあるタンパク質と結合しやすい特質を持った「多糖類」という呼び名のゼリー状の構成成分です。非常に保湿力が高く、化粧品やサプリメントの中でも、大体入っていると言っても過言ではないほど配合されているのがヒアルロン酸です。

加齢によって減少する成分ですので、どんどん摂るようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

NEW エントリー

2016.10.12 Wed
年齢肌ケア用品
2016.08.24 Wed
紫外線
2016.08.24 Wed
敏感肌と化粧水
2016.08.24 Wed
ニキビと乾燥
PAGE TOP ↑